人間の体にはツボというものがあり、そこを刺激することによって、様々な症状の改善に効果を発揮します。 では、視力を回復させるツボというのはあるのでしょうか? 結論からいうと、視力を回復させるツボはあります。 ただ、効果があるのは眼精疲労や目の疲れによる視力低下です。 ツボを刺激することで目の酷使で凝固まった目周辺の筋肉をほぐし、視力を戻すことができます。 視力回復に効果があるといわれているツボは、次の3つです。 ・天応 ・太陽 ・四白 天応とは、まゆ頭から3ミリほど下の眼窩の内側の少しへこんだところにあるツボです。 両手の親指の腹を使って、左右のツボを軽く刺激すると、ドライアイや疲れ目を改善でき、視力回復効果が得られるでしょう。 このツボは、1秒に1回くらいのペースで押すと良いといわれています。 また、太陽はこめかみにあるツボで、ここを刺激することによって、近視や遠視を改善する効果が期待できます。 それに、黒目から2センチ程度下にある四白というツボも、押すと循環が良くなり、疲れ目が改善して視力回復に効果的です。 ツボを刺激する場合、過度に力を入れないというのがポイントになりますから、優しくゆっくりと押すようにしてください。